Meal Seç / Sure Seç

(JAPANESE) QURAN
37 - 整列者章〔アッ・サーッフ
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。
        
1. 整然と列をなす者たちにおいて。
2. 駆り立て追う者において。
3. また訓戒(のグルアーン)を読・聞かせる者において,誓う。
4. 本当にあなたがたの神は,唯一の主である。
5. 天と地,そしてその間にある凡てのものの主,また日の出を司どる主である。
6. 本当にわれは,星々で下層の天を飾り,
7. (アッラーの命令に)逆らう悪魔にたいする守りとした。
8. かれらは八方から撃たれ,最高の会議を盗・聞くことは出来ない。
9. 撃退されて,かれらは永久の懲罰を受ける。
10. 盗聴し得た者があっても,白熱の炎が追跡する。
11. かれら(マッカの多神教徒)に問え。「かれらとわれの創った者(天使)のどちらが強く創られているか。」われはもともと,粘りのある泥でかれらを創ったのである。
12. あなたは感嘆しているというのに,かれらは嘲笑する。
13. 警告されても,かれらは警告を受け入れない。
14. またかれらは,印を見ても嘲笑するばかり。
15. そしてかれらは言う。「これは明らかに魔術にちがいありません。
16. わたしたちが死んで土と骨になってから,(また)呼び起こされましようか。
17. 遠い祖先たちも(一緒にですか)と言う。
18. 言ってやるがいい。「その通り。あなたがたは卑しめられるのである。」
19. それは只一声の叫びである。その時かれらは(恐ろしい光景を)目の当たりに見て,
20. 「ああ情けない,これが審判の日ですか。」と言う。
21. 「これはあなたがたが信じなかった区分の日である。
22. 不義を行っていた者たち,その妻たち,またかれらがアッラーを差し置いて拝していたものたちを集めなさい。
23. かれらを火獄への道に連れて行け。
24. いや,かれらを待たせておけ。かれらに尋ねることがある。
25. あなたがたが助け合わないのはどうしたことか。」
26. いや,今日ばかりは,かれらも(審判に)服する。
27. かれらは栗いに近づき尋ね合う。
28. 一方は言う。「本当にあなたがたは,右から来ました。」
29. すると他方は言う。「いや,あなたがたは,(もともと)信者ではありませんでした。
30. また,わたしたちはあなたがたに押し付ける権威もありませんでした。それにあなたがたは反逆の徒でした。
31. それで主の御言葉が,わたしたちに実証された今,わたしたちは,(懲罰を)味わわねばならない。
32. わたしたちはあなたがたを迷わせたが,わたしたち自身も迷っていたのです。」
33. こうしてその日,かれらは,(凡て)共に懲罰を受ける。
34. 本当にわれはこのように罪を犯した者を処分する。
35. かれらは,「アッラーの外に神はありません。」と告げられると,いつも高慢になった。
36. そして,「気狂い詩人のために,わたしたちの神々を捨ててなるものですか。」と言っていた。
37. いや,かれは真理を(お?)して,(かれ以前の)預言者たち(の啓典)を確証する者である。
38. あなたがたは,必ず痛ましい懲罰を味わうであろう。
39. どうせ皆あなたがたが行ったことの報いである。
40. だがアッラーの忠誠なしもべたちは,別である。
41. それらの者には,定めの恩恵があり,
42. (喜ばしい)果実,そして栄誉が(授けられ),
43. 至福の楽園の中で,
44. 寝床の上で向かい合う。
45. 清い泉からくんだ杯は,かれらにゆきわたり,
46. 真白(な美酒は),飲む者に心地よい甘さ。
47. これは,頭痛を催さず,酔わせもしない。
48. またかれらの側には,伏し目がちな大きい目(の乙女)がいる。
49. かの女らは,注意深く守られている卵のよう。
50. やがてかれらは,栗いに近づき尋ね合う。
51. かれらの一人が,口を切って言う。「わたしに一人の親しい友がいました。
52. かれは言っていた。『あなたまで(復活の日を)信じているのですか。
53. わたしたちが死んで土と骨になってから,本当に審判されるのでしょうか。』」
54. また言った。「まあ皆さん見下ろして・なさい。」
55. そこでかれが見下ろすと,火獄の只中にかれの姿が見えた。
56. かれは言った。「アッラーにかけて,あなたはもう少しでわたしを破滅させるところでした。
57. もし主の御恵・がなかったならば,わたしは必ず引き立てられる者の中にいたでしょう。」
58. 「わたしたち(楽園の仲間)は,最初の死だけでまた,
59. 死ぬことはないのですか。また,わたしたちが,懲罰を受けることはないのでしょうか。」
60. 「そうであるならこれは,至上の幸福の成就です。
61. このようなことのために,行動し努力すべきです。」
62. それは結構な歓待ではないか。それともザックームの木(をとるの)か。
63. われはこの木を不義を行う者への試・として,用意したのである。
64. それは地獄の底に生える木で,
65. その実は,悪魔の頭のようである。
66. かれらはこれを食べて,腹はそれでいっばい。
67. それから上に沸騰する湯を注ぎ足され,
68. それから火獄に帰り着くのである。
69. かれらは祖先の迷っていたのを認めながらも,
70. その足跡を急いで(歩いて)いたのである。
71. 昔の多くの祖先たちも,確かに迷っていた。
72. だがわれはかれらに,必ず警告者を遺わした。
73. 見るがいい。警告されても無視した者の最後が,どうであったかを。
74. (だが)アッラーの忠誠なしもべたちは,別である。
75. 且つてヌーフはわれに哀願した。われは最も優れた応答者である。
76. われは,かれとその家族を大難から救った。
77. そしてかれの子孫を生き残らせた。
78. また後の幾世代に渡り,かれのために(祝福の言葉を)留めた。
79. 「万物(人間,天使,ジン)の中で特にヌーフの上に平安あれ。」と(われからの有難い御言葉を)。
80. われはこのように,正しい行いの者に報いる。
81. 本当にかれは,信心深いわがしもべであった。
82. それからわれはその外の者を,溺れさせた。
83. またかれの後継者の中にはイブラーヒームがいた。
84. かれが純正な心をもってかれの主の許にやって来た折に,
85. 自分の父やその一族に向かって言った。「あなたがたの崇拝するものは何ですか。
86. アッラーを差し置いて瞞しの神々を御望・なのですか。
87. いったい,万有の主に就いて,あなたがたはどのように考えておいでなのですか。」
88. その時かれは諸星を一目見て,
89. 言った。「わたしは,本当に(心が)痛む。」
90. 人々はかれに背を向けて去った。
91. その時かれ(イブラーヒーム)は,かれらの神々に向かって言った。「あなたがたは食べないのですか。
92. あなたがたは,どうしてものを言わないのですか。」
93. そこでかれは,かれら(偶像)を右手で打った。
94. その時人びとは,慌ててかれの処へやって来た。
95. するとかれは言った。「あなたがたは,(自分で)刻んだものを崇拝するのですか。
96. 本当にアッラーは,あなたがたを創り,またあなたがたが,造るものをも(創られる)。」
97. 人びとは言った。「かれ(イブラーヒーム)のために炉を築き,燃え盛る火の中に投げ込・なさい。」
98. このようにかれに策謀を巡らせようとしたが,われはかれらを散々な目に会わせた。
99. かれは言った。「わたしは主の御許に行こう。必ずわたしを導かれるであろう。
100. 主よ,正しい人物になるような(息子)を,わたしに御授け下さい。」
101. それでわれは,優しい思いやりのある男児を(授けるという)昔報を伝えた。
102. (この子が)かれと共に働く年頃になった時,かれは言った。「息子よ,わたしはあなたを犠牲に捧げる夢を見ました。さあ,あなたはどう考えるのですか。」かれは(答えて)言った。「父よ,あなたが命じられたようにして下さい。もしアッラーが御望・ならば,わたしが耐え忍ぶことが御分りでしょう。」
103. そこでかれら両人は(命令に)服して,かれ(子供)が額を(地に付け)うつ伏せになった時,
104. われは告げた。「イブラーヒームよ。
105. あなたは確かにあの夢を実践した。本当にわれは,このように正しい行いをする者に報いる。
106. これは明らかに試・であった。」
107. われは大きな犠牲でかれを贖い,
108. 末永くかれのために(この祝福を)留めた。
109. 「イブラーヒームに平安あれ。」(と言って)。
110. このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。
111. 本当にかれは,わが信心深いしもべであった。
112. またわれは正しい人物,預言者イスハークの(誕生の)吉報をかれに伝えた。
113. そしてわれは,かれとイスハークを祝福した。だがかれらの子孫の中には正しい行いをする者もあり,また明らかに自らを損なう者もあった。
114. われは,ムーサーとハールーンに恩恵を施した。
115. またかれら両人,そしてその民を大きな災難から救い出し,
116. われが助けたためにかれらは(その困難を)克服することが出来た。
117. なおわれは,両人に(事理を)明瞭にさせる啓典を授け,
118. かれらを正しい道に導いた。
119. われは後の幾世代に渡り,かれらのために(この祝福を)留めた。
120. 「ムーサーとハールーンに平安あれ。」(と言って)。
121. このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。
122. 本当にかれら両人は信心深いわがしもべであった。
123. 本当にイルヤースも,使徒であった。
124. かれがその民にこう言った時を思え。「あなたがたは主を畏れないのですか。
125. あなたがたはバアルに祈って,最高の創造主(アッラー)を見捨てるのですか。
126. アッラーこそあなたがたの主,昔の父祖たちの主ではないのですか。」
127. だがかれらはかれ(イルヤース)を嘘付きであるとした。だから必ず(処罰に)臨むであろう。
128. (かれらの中)敬虔な,アッラーのしもべは別である。
129. われは後の幾世代に渡り,かれのために(この祝福を)留めた。
130. 「イルヤースに平安あれ。」(と言って)。
131. このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。
132. 本当にかれは信心深いわがしもべであった。
133. ルートも(われが)遣わした者であった。
134. 見よ,われはかれとその家族の凡てを救った。
135. 後に残る者の中にいた,老婆の外は。
136. そうしてわれは,外の者を滅ぼしてしまった。
137. あなたがたはかれらの(遺跡の)傍らを,昼
138. 夜通っている。あなたがたはそれでも悟らないのか。
139. 本当にユーヌスも,使徒であった。
140. かれが(荷を)満載した舟に(乗って)逃れた時,
141. かれは籤を引いて,負けてしまった。
142. (そして海に投げ込まれると)大魚に丸呑・にされ,かれは自責の念にかられた。
143. かれが(梅悟して主を)讃えなかったならば,
144. かれら(人びと)が(復活して)起こされる日まで,必ずかれは魚の腹の中に留まったであろう
145. だがわれは,荒れ果てた(蟹辺)にかれを打ち上げた。かれは病んでいた。
146. われはかれの上に,1本のヒサゴ木を繁らせ(影を作った)。
147. そして10万人,またはそれ以上(の民)にかれを遣わした。
148. かれらが信仰に入ったので,われはしばし現世の享楽を許した。
149. さてかれらに問え。「あなたがたの主は娘を持ち,かれら(マッカの多神教徒)は息子を持つというのか。
150. それともかれらは,われが天使たちを女に創ったと証言するのか。」
151. 見よ,かれらの言うことは作りごとである。
152. アッラーが子を生まれるとは,かれらも嘘付きの徒である。
153. かれは息子よりも,娘を選ばれるとするのか。
154. どうしたのか。あなたがたはどう判断するのか。
155. あなたがたはなお訓戒を受け入れないのか。
156. それともあなたがたに明瞭な権能があるのか。
157. あなたがたのいうことが真実ならば,あなたがたの啓典を出して・なさい。
158. かれらは,かれとジンは親類であるといっている。だがジンは自分たちが(懲罰に)臨むことをよく知っている。
159. アッラーに讃えあれ。(かれは)かれらが配するものから(超絶なされる)。
160. だが謙虚に奉仕するアッラーのしもべたちは,別である。
161. だがあなたがたにしても,あなたがたが崇拝するものでも,
162. かれに反抗して(信者たちを)誘惑することが出来ようか。
163. 燃え盛る火で,焼かれる者は別にして。
164. (整列している者たちが言う。)「わたしたちは各々定めの部署を持っています。
165. わたしたちは(奉仕のため)整列して,
166. 慎んで(アッラーを)讃え唱念します。」
167. また,かれらはいつも言っていた。
168. 「もしわたしたちが,昔から訓戒を持っていたなら,
169. わたしたちも,確かにアッラーの謙虚なしもべであったでしょう。」
170. ところが(実際にクルアーンが与えられれば)それを拒否する。だが間もなくかれらは知るであろう。
171. 確かにわれの言葉は,わが遣わしたしもべたちに既に下されている。
172. かれらは,必ず助けられよう。
173. 本当にわれの軍勢は,必ず勝利を得るのである。
174. あなた(ムハンマド)はかれらから暫くの間遠ざかって,
175. かれらを監視しなさい。やがて,かれらは目覚めるであろう。
176. だがかれらは,わが懲罰を急ぎ求めている。
177. だがそれが実際にかれらに下ると,それまで警告を受けているだけに寝覚めの悪い朝となろう。
178. それであなたはかれらから暫くの間遠ざかって,
179. かれらを監視しなさい。やがて,かれらも目覚めるであろう。
180. あなたの主,威徳の主,かれらが配するものから(超絶なされる)主に讃えあれ。
181. 使徒たちに平安あれ。
182. 万有の主,アッラーに讃えあれ。